MODX+がガセではなかった件

https://jp.yamaha.com/products/music_production/synthesizers/modxplus/index.html

https://member.jp.yamaha.com/campaign/1185

ローランドのFANTOM-0に対するカウンターパンチって意味合いかしらね。

4年間頑張りました!って感じは微塵も無いので。

9月9日発売。

SWP70 DSPプロセッサの処理性能を上げたか1個だったのを2個にしたのか判りませんが、FM-Xの発音数が128になりました。

が、音色切り替え時の音切れ防止機能 SSS(Seamless Sound Switching)は4パートに制限されています。(マニュアルの誤植でなければ)

フラッシュメモリーが1.75GBになり、MONTAGEと同じになりました。

MODXのフラッシュメモリは1.75GB搭載してるけど、ファームウェアで1GBに制限しているだけという噂も。

(Bösendorfer pianoでユーザーを釣りたいだけの為に容量解放?)

ピッチベンド、ホイールがラバーコーティングに変更。

D/Aコンバーターは44.1KHz固定。

AN-Xアナログモデリング搭載はありませんでした。

MODXのプログラムを流用して制限を一部開放した感じ。

なので、MIDIチャンネルのアサイン変更も出来ません。

FM-Xの発音数が128になったのはデカイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。