ハードシンセの今

2022年デジタルハードシンセで最強はWaldorf IRIDIUM Keyboardで決定だわ。。。

日本3大メーカーのフラッグシップシンセでも対抗は出来るけど、何かしらケチは入る感じ。

じゃあ、IRIDIUM買えばいいじゃんとか思うが、Arturia Pigments、DX7-V、opsixがあって40万も出してまでって気がしてね・・・

https://www.arturia.com/products/software-instruments/pigments/overview

<ヤマハ>

9月の第二週にMODX PlusなるAN-Xアナログモデリングを搭載したバージョンが発売されるという噂。(ユーザーフォーラムで勝手に言ってるガセの可能性は大いにある)

MONTAGEはファームウェア4.0でこれに対応とか(これも憶測)

これくらいしかネタが無い。汎用32bitCPU+SWP70 DSPプロセッサで手を変え品を変えしてるだけな感じ。

<ローランド>

FANTOM-0をデビューさせて、ひと段落。

あとはオリジナルBMCチップ上でZENcore音源を中心にソフトシンセを動かすハードしかしばらく出ない感じ。

革新的な製品はしばらく出ないと思われる。ソフトウェア次第。

<コルグ>

一番判らないメーカー。何出してくるか判らない。

KRONOS2以降、コルグUSAはラズパイにご執心で、NAUTILUSは日本主導。

結果は・・・

いやいや、黙ってKRONOS3を作りなさい。(多分USAはmodwave native作ってるんだろうな・・・)

各社、鍵盤を見直して欲しいんだよなぁ。特にコルグ。

ヤマハとローランドは今あるDSPチップで満足しちゃってるし、上場企業だから今後も期待できないけど、コルグはたまにブッ飛んだことしてくるから侮れない。

NVIDIA Jetson AGX Orin

https://www.nvidia.com/ja-jp/autonomous-machines/embedded-systems/

とかAIとか強力な演算能力と64bitCPU使った何かとか作ってくれたら面白そうだけど、まぁ無いな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。